忍者ブログ
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV等)についての感想や日常雑記です。


奇妙な道―ストレンジ・ハイウェイズ〈1〉 (扶桑社ミステリー) [文庫]
ディーン クーンツ (著), Dean Koontz (原著), 田中 一江 (翻訳)

文庫: 347ページ
出版社: 扶桑社 (1999/05)
発売日: 1999/05

幻想恐怖小説作家D・クーンツの『奇妙な道』の後半に掲載の怪奇短編です。

ハロウィーンを控えた今シーズンにぴったりの恐怖小説だと思います。
表題作は、リメイクされたストーリーのせいか、あまり評判はよくないですが...



ストーリー

活発な兄にいつもいじめられている、議員夫妻の次男トミーはハロウィーンの市で自作のかぼちゃを売っている、老かぼちゃ彫刻家に出逢う。
作者同様、その形相の恐ろしさに買うことを止めるよう兄に頼むが、兄は平然と手に入れる。その夜、トミーの家で恐怖の出来事が起きる。



大抵の読者がそうでしょうが、この作品、頭の中で短編映画にして楽しみました。内容は『トワイライトゾーン』みたいですが。

市の内部は、棚を並べているだけの、にわか造りの構造なのでしょうか。
彫刻家の周りだけ怪しく陽の翳る様子が、文中表現から目の当たりに感じられました。
兄が選んだのは、ほかで売られている通常のジャック・オ・ランタンにはない、真に鬼気迫る表情なのでしょうね。
腫瘍のごとく変形しとがった頭に長い「牙」を刻む技術、フィクションとはいえすごい職人です。


愁眉は、トミーの前に現れる不気味に変身を遂げたランタンでしょう。
帰りに残りの腕を口に詰め込む場面、総毛立つ恐ろしさと同時に、兄への恨みを晴らした爽快さも含んでいるシーンでした。
気弱だが正直なトミーが将来、かぼちゃ男と再会しないように心から願うばかりです。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
映画でハロウィンといえば、やはりこちらですね。
ハロウィン
TVで写っていたパレードでは、仮装のブギーマンも見逃したのか、なかなか見かけなかったです。かぼちゃ、悪魔、魔女など伝統的な仮装の他が普通のアニメキャラばかりでは、ちょっと寂しい。









PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
プロフィール
HN:
nyanntarou
性別:
非公開
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
twitter
ブログ村ブログパーツ
フリーエリア
Copyright ©  -- にゃんたろうの映画雑記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]