忍者ブログ

ゾンビランド

ゾンビランド
Amazon

作品情報

ゾンビランド(2009)
ZOMBIELAND

【クレジット】
監督: ルーベン・フライシャー
製作: ギャヴィン・ポローン
製作総指揮: ライアン・カヴァナー
レット・リース
エズラ・スワードロウ
ポール・ワーニック
脚本: レット・リース
ポール・ワーニック
撮影: マイケル・ボンヴィレイン
プロダクションデ
ザイン: メイハー・アーマッド
衣装デザイン: マガリー・ギダッシ
編集: アラン・ボームガーテン
音楽: デヴィッド・サーディ
舞台装置: ジーン・サーデナ

出演: ウディ・ハレルソン タラハシー
ジェシー・アイゼンバーグ コロンバス
アビゲイル・ブレスリン リトルロック
エマ・ストーン ウィチタ
アンバー・ハード
ビル・マーレイ

【解説】
 全米で大ヒットを記録した痛快ゾンビ・コメディ。ゾンビであふれかえる世界を舞台に、偶然出会った孤独な男女4人がゾンビのいない楽園を目指して繰り広げる命がけの大陸横断旅行を、ブラック・ユーモアと過激なバイオレンス描写で描き出していく。出演は「ラリー・フリント」のウディ・ハレルソン、「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ、「キューティ・バニー」のエマ・ストーン、「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。監督はこれが長編デビューのルーベン・フライシャー。
 ある日、謎の新型ウィルスに感染した人間がゾンビ化して人々を襲い、瞬く間に世界はゾンビであふれかえってしまう。そんな中、テキサス州に暮らすひきこもりの大学生コロンバスは、独自に編み出した“32のルール”を実践してなんとか生き延びていた。やがて彼は、ゾンビ退治に執念を燃やすタフガイ、タラハシーと出会い、彼の車に同乗する。そこへ、元は詐欺師をしていた美人姉妹のウィチタとリトルロックが合流、4人で旅を続けることに。そして、“ゾンビと無縁の天国がある”という噂を頼りに、ロサンジェルス郊外の遊園地“パシフィックランド”を目指すのだが…。

(作品情報、allcinemaより)


深夜TV(珍しくフジ)で視聴。
思ったより?な展開で拍子くらうも、マッチョと不敵な美人姉妹(妹役が高校時代の友達そっくり)に魅了された映画時間でした。残念ながら後年『ソーシャル・ネットワーク』で主演を張ったジェシー・アイゼンバーグはどうも好きになれなかった…

しかしハリウッドシーンでの御大ビル・マーレイの扱い、おおいに工夫の余地有りでは。
豪勢な屋敷でメンバーがまったりしちゃうのも、少々中だるみ気味。
ラストに到達する遊園地で初めて本テーマの本領発揮、ようやくひと心地着きました。
遊園地のような日常的エンタテインメントと蠢くゾンビ衆の恐怖は巧く合体するものですね。

『ゴーストバスターズ』しか映画中に組まれた映画ネタが判らなかったけど、更にDVDで細部を見返してみるのも乙なゾンビ映画かも。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
タラハシーを演じたウディ・ハレルソンと相棒コロンバス役のジェシー・アイゼンバーグは10月公開の映画『グランド・イルージョン』でも共演してるそうです。
今回のようなゾンビコメディはどう見ても酸いも甘いも噛み分けたマニア向けで、一般にはクライム・サスペンス物の方が、満足するかもしれません。

PR

2013/07/03 映画・映画館 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
プロフィール
 
HN:
nyanntarou
性別:
非公開
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(09/27)
(09/09)
(08/14)
(07/26)
(06/11)
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
blogpet
 
 
Maukie 
twitter
 
 
 
ブログ村ブログパーツ
 
 
 
ブログ内検索